外付けhddが急に認識しなくなった場合の対処|業務でのIT活用

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単に企業サイトを構築

パソコン

企業のコーポレートサイトをお手軽に構築したい場合はワードプレスと呼ばれるコンテンツマネジメントシステムを活用するのが効果的です。このシステムは便利ですがweb上で動作するのでレンタルサーバーを借りるのが良いでしょう。

Read More

運用コストの軽減

PC

wordpressという便利なシステムの登場により、外部制作会社を頼らずに社内で自社サイトの構築や運用を進める企業が増えてきました。更にコストを安く抑えたい企業は社内にwordpress専用のサーバーを構築するのも良い手段だといえます。

Read More

物の売り買いに活用

スーツの男性

商品を仕入れて販売する企業では毎月在庫状況を確認するために棚卸しという業務を実施することがあります。アナログ的な作業で多くの人員を必要としますが、クラウド型の販売管理システムを使えばスムーズに進めることが可能となっているのです。

Read More

緊急時の適切対処

磁気ディスク

高度情報化社会と呼ばれる現代ではIT業界やweb業界の企業だけでなく、様々な業界や業種の会社でパソコンという電子機器が活用されています。パソコンは社内外の相手とやり取りをするメールや、業務で使用する書類を作成したり、表計算ソフトを使って会計処理をしたりすることもできます。紙媒体とは違い書類がかさばらないというのが大きなメリットだといえるでしょう。デスク周りが整理整頓されていれば重要書類を紛失することなく、業務を正確にスピーディに実行することにも繋がるのです。このようにメリットの多いパソコンですが内部のデータ保存容量に限りがあるので、外付けhddというデバイスを利用して容量の拡張を行なう企業が多いです。パソコン内部を空ける必要が無くケーブルで接続するだけで使えるのが外付けhddの大きな特徴だといえます。
ですが、内臓型と同様に商品の電子機器なので仕事中に突然認識しなくなることがあるのです。会社で使用する外付けhddが認識しない状態に変化した場合は、異様な音や回転音、エラー表示がされていないか確認しましょう。上記の様な症状が見受けられる場合はハードディスク自体が故障する物理障害になっている可能性が高いのです。物理障害は内部を分解してから磁気ディスクを修理必要があるので、社内のスタッフのみで対処するのは適切ではありません。専門の業者に依頼をすれば1テラバイト超えるデータ復旧でも比較的安い値段で対応してくれるので、利用してみるのが最適です。